抜歯と禁酒

30代、会社員、酒、本、バンギャ。

THE YELLOW MONKEY「未来はみないで」に関する考察

 

「愛とは何かを知ったその朝に あなたはこの部屋出ていくのでしょう」

 


THE YELLOW MONKEY – 未来はみないで (Official Music Video)

 

薄紅色の花が舞い散る季節に、恋人が別の相手を見つけてどこかにいってしまうようにも、子どもが成長して親元を離れていくようにも聞こえる。

 

「部屋」と、よく分からない「(不穏な)未来」と「好きな歌を歌う」とくれば、イエモンファンに思い浮かぶことは一つしかない。

「未来はみないで」に出てくる“この部屋”は、「JAM」の主人公である「僕」が、一人で震えていたあの暗い部屋なのではないか。

 

「素敵なものがほしいけど あんまり売ってないから好きな歌を歌う」とひとりぼっちで震えながら言っていた「僕」が、好きな歌を一緒に歌わないかといえる相手に出会い、愛とは何かを知ったその朝に「この部屋」から出て行ってしまう。

 

また、この部屋を出ていったあとに待ちうける未来に関して、「未来は未来で 大きな口を開けて 笑ってるのかな それならいいけど」と、笑っていない可能性≒かならずしも幸せなものではない可能性を示唆する。未来は大きな口を開けて怒っているかもしれないし、泣いているのかもしれない。

 

「JAM」の「ギラギラと輝く大地で君と抱き合いたい この世界に真っ赤なジャムを塗って食べようとするやつがいても」という、未来にどんな過酷な運命が待ち受けていたとしても愛を誓う部分とオーバーラップする。

 

こうした未来や世界に対してハッピーなものだと言い切らない/言い切れないことを理解するには、THE YELLOW MONKEYのバンドとしてのキャリアと吉井和哉のライフコースを参照する必要があるだろう。

 

THE YELLOW MONKEYは1992年にメジャーデビューし、国民的ロックバンドとしての成功をつかむも、活動休止・解散というどん底を経験し、一昨年に再結成をしたというキャリアがある。一方で幼少期に父親との死別を経験し、結婚・離婚・再婚という決して幸せなことしかなかったとはいえない吉井和哉の半生を鑑みれば、盲目的に未来はハッピーなものだと信じたりはできないし、人にも言えないだろう。しかも人は「言いたいこと やりたいこと この先だって変わる」のだから、今考えている幸せが幸せではなくなってしまうこともありえる。

そうした自分自身も含めた人間という存在が不確かなものであり、未来が厳しいものになってしまう可能性も受け止めたうえで、それでもこの人(現在のTHE YELLOW MONKEY)とであれば永遠(の愛)があるのかもしれないという可能性にかけたい。

だから、どうなってしまうかわからない未来を見て、いたずらに不安になったり心配したりして動けなくなるよりも、確実にある今と積み重ねてきたこれまでを見てほしいのだ。

 

かつて「素敵なものがほしいけど あんまり売ってないから好きな歌を歌う」と部屋で一人で震えていた「僕」が、「好きな歌を一緒に歌わないか」といえる相手を見つけ、結ばれた喜びをかみしめている。一方で幸せが確約されたわけではない不確かな未来(誰かが真っ赤なジャムを塗って食べてしまうかもしれない世界)に向かって部屋を出て行ってしまうのだとすれば、「未来は見ないで」は「JAM」のアフターストーリーとして解釈できる。

また、最後のサビでは「愛とは何かを知ったその朝に 僕らはこの部屋出ていくのでしょう」と「あなた」を「僕ら」に言い換え、バンドを再結成し活動を開始することを示す。

 

「未来は見ないで」は再結成後に発表される最初の曲の候補であったらしい。「JAM」というファンにとってもバンドにとっても特別な楽曲へのめくばせもあり、吉井和哉のセンチメンタルかつ安易に幸せを提供しない独特の世界観がさく裂している。再結成後にはこれ以上ないほどふさわしい歌詞の内容であるが、部屋を出て行ってしまうし、未来という一般的にはいいイメージのものをみないでというし、曲調もゆっくりでなんとなく暗い。

最終的な再結成後に発表された最初の楽曲は「ALRIGHT」という勢いのある、戦闘開始をアナウンスするような曲になって本当によかったと思う。

けれども、世の中ではなんとなく新しいことが始まっていくけれど、どことなく憂鬱な春に聴くには「未来はみないで」は最高の曲である。

わたしはどこへでも行ける

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


昨年は海外出張がたくさんあり、トータルで1.5ヶ月くらいアメリカで仕事をしました。

出張する前は不安が大きかったのですが、実際に行ってみると、気のいい人たちが多く、そこまでバキバキの都会ではないため、よい感じに人々の肩の力が抜けており、食べ物のオプションもいろいろあり、女子への無言の圧力もあまりなく、日本より働きやすくね?と思ってしまうほどでした。

出張を重ねるにつれ、荷物も持っていかなくていいもの、持っていったほうがいいものの選別がはっきりし、快適に暮らせるようになったのも大きいです。
一番驚いたことは、なんとなく箱ティッシュの中身がビニールに入っているやつ(なんと呼んでいいかわからない)を持参したら、QOLが爆上がりしたことです。ティッシュがごわごわしてて硬いとか、次のティッシュがスムーズに出てこないというのは、とてもストレスフルだったのです。そういうことに一つ一つ気づいて工夫をしていくことが楽しかったです。

さすがに英語も多少はしゃべれるようになりました。といっくのスコアも上がりましたが、まだまだ不自由があるので引き継ぎ勉強は続けていきます。


職場の人々に関しての悩みは絶えませんが、「もう自分がやりたいようにやればいいさね~」と開きなおれてきています。


趣味の活動はイエモンV系にゆるやかに通い、ストリップを見たり、寄席演芸に手を広げたりしました。
また、神田松之丞のラジオを聞きまくりました。
ダンスをちょっと習っていたのですが、仕事で手一杯になって行かなくなってしまったので、今年は復活させたいです。また英語の学習で時間がなかなかないのですが、小説ももう少し読みたいです。
ブログももう少し頻度をあげて更新したいです。


昨年はそれらと平行して親族のもめごとで色々と振り回されていました。なんとか専門家の力を借りられる段階にこぎつけたので、あとは流れに任せとけば大丈夫かなと思っております。


思うようにならないことや辛いことにもぶち当たりますが、今ならどこにでも行けるし、どこにでも行ってやると思っています。

猪はあぶないよ

マネジメントのできない上司、仕事ができず責任感もまったくないのに給料ばかり高いおじさん、仕事はできるものの気にそぐわないことがあるとヒステリックに怒り散らす先輩などに囲まれ、しわしわのピカチュウのようになる日もありますが、元気に暮らしております。

 

台風による被害はなかったのですが、暴風雨の音がすごく、雨戸がないタイプの家のためビクビクして過ごしました。

河川の水位が上がったため避難する猪の動画をTwitterに投稿している方を見かけましたが、私の育ったような僻地では、毎年 猪に突撃されて重傷を負う方が一定数います。もの珍しいのはわかりますが、くれぐれも近づかないようにしてください。

 

先日、渋谷らくごを見に行きました。立川吉笑と春風亭昇々の回でした。

どちらもめちゃくちゃおもしろかったのですが、特に昇々さんの落語は女性がキーパーソンになっており、子どもを早生まれにしたくないからといって陣痛を我慢している女性とか、子どものお受験のために熱烈に面接指導をする女性とかが出てきます。

早生まれの子どもは遅生まれの子よりも成長していない状態で小学校に入らなくてはいけないため、勉強が遅れるとか体が小さいからいじめられるリスクが高いから早生まれはいやだ!という主張をします。だんだん成長していけば大したあれではないのですが、小学校低学年の段階での月齢の差はそれなりのインパクトがあり、その女性が主張することは一定の合理性があるわけです。

とはいえ、生まれてくるタイミングは基本的に操作できるものでもないし、大人になってしまえば大したことでもないんだから、産まれそうになったら産んだらいいじゃないと思うのですが、自分の子どもの将来のことを思ったらそうはいかないぜ!という彼女の切実さは度を通り越しておもしろいことになっているのです。

こういう人、本当にいそう~ということと、その本人の持っている切実さはバカにできないし、他人にはどうにもできないのよね、ということと、それをしぐさや表情や声色などすべてを駆使して表現していく、この芸能ってクリエイティブだわ~と感激して家に帰りました。

 

神田松之丞にはまったのをきっかけに、若手の落語家も色々と見ているのですが、わたしが関心を持っているのは、この21世紀のデジタルなAIなシンギュラリティなこの時代に、あえてある意味アナログな伝統芸能の世界に飛び込んでいく同年代や、もっと若い年代の人って、どういう気持ちで、何を成し遂げたいと思っているんだろうということです。

彼/女たちを追いかけて、何かがわかるかもしれないし、わからないかもしれないけれど、どんなエンタメでもやっぱり現場っていいよね。

おじさんは帰ってきたが私は孤独へ帰る

立飲み屋で失踪説が出ていたおじさんがまた普通に通い始めた。

九州方面に長期で出張する仕事があり、そこに行っていただけだったようだ。「死んだとか言わないでよ~」と言っていたが、おじさんは以前も同じような失踪説が出たことがあるらしい。

人間関係が何もかも嫌になってアパートも引き払って電話番号も変えてしまうことが数年に一度の頻度であるらしい。

手に職がある人だからできるけれど、特に技能のない会社員がやろうとするとなかなかやんなとは思うものの、やろうと思えばできることなのだなとも思う。

 

実家でややこしい問題が勃発しており、いったんは小康状態になっているものの、根本的な解決に向けていろいろな手続きを行っている。

年内あるいは2~3年かかるかもしれないが、なんとかやっつけるしかないだろう。

身近な人でわれわれの置かれた状況について、知ったような口をきく人がいるので殺意を感じるが、それもうちの家が常識と照らして明らかにおかしいのだからしょうがないよなとも思う。

 

今日から「82年生まれ、キム・ジヨン」を読んでいる。

普通に面白いよい小説なのだけれど、いろいろな女性差別が出てくるので読み進めることがシンプルにきつい。

表面的には優しくて信頼していた人が差別的な言動をしているような事例は特につらいよねと思う。

 

最近、講談師の神田松之丞にはまっている。

新宿末廣亭で見たのだが、寄席のどことなくゆるい感じもいいし、どの人も舞台に立ったら一人あるいはそのコンビだけでどうにかしなくてはならないのも命張ってる感があっていいなあと思った。

松之丞の講談は、熱演っぷり、技能に裏打ちされた緻密な計算、場を俯瞰して客の首根っこをつかんでぐいぐい引きずりこんでいくところなど、才能があったうえで、それに輪をかけて努力を積み重ねて今この芸ができているんだろうなと感銘を受けた。

何かを情熱的にやっている人はいいなと思う。

あとは消しようもない孤独の気配というか影がいいなと思う。

これまで好きなってきた演芸なり音楽なり小説なり、なんでもそういう人が多いなと思った。漫談も一人だし、ストリップも基本は一人だし、吉井和哉だって今は恵まれているかもしれないけれど、根っこのところにはどうしようもない孤独がある。

 

これから結婚するようなことがあったり、家族とまた一緒に住み始めたりしても、自分はこのままでいくのだろうなと思うし、もうそれでいい。

私を試すのをやめて

職場のことでぐるぐる悩んで袋小路に入っていたが、自分がどうしたいのかどうありたいのかを考えていったら少し風穴があいたような気がする。

同じ部署の先輩が仕事できず、年齢が上がっているだけで管理職的な立場になっているが、そもそもプレイヤーとしての基礎的な動作ができていないし、普段の勤務態度もクソである(都合の悪ことがあると舌打ちしたり、ファイルを机に投げて置いたりする)ため非常にイラついてしまう。

私も長くは今の部署にいる気もしないし、景気が悪くなったら速攻で退職勧奨にあうであろう人材であり、放置することに決めた。私の愛情やリソースの総量は限られているし、そうしたものを割り当てる対象にできない。

上司にも放置する&おまえがちゃんと指導しろやという旨を申し入れたうえで、自分のやりたいようにばりばり働くことにする。

明らかにやる気をそがれるような出来事や人物に出会うたび、仕事や会社への愛情や信念を試されているなと思う。素晴らしい人々が大半だから、クソ野郎にとらわれずがんばろう。

 

最近、親族も高齢になってきたため、今後に備えて財産関係などをいろいろと確認をしていたら、だいぶ前に亡くなった祖父の名義の不動産が放置されていることが判明した。相続をきちんと完了させるにあたって戸籍を取り寄せたり、登記簿をとったりする手続きが微妙に面倒なのだが、やむをえまいと思っている。事務処理能力がそこそこあってよかった~と思う。

 

仕事の悩みと親族のことがらで、ややくよくよしていたため、自分の好きなことがあまりできなくなっていたが、これから少しずつでも取り戻していきたい。

Somebody to love のようなせいかつ

海外出張が終わって戻ってきました。

成田へ移動する途中に日暮里駅でスーツケースのハンドルがぶち壊れてうろたえました。

現地では出張に同行する上司や先輩の仕事できなさ、英語のできなさにげんなりし続けておりましたが、現地のパートナーの方々はとてもしっかりしていて仕事もできるので非常に安心しました。

2か所に滞在したのですが、1か所のほうはお湯がアルカリ性のようで、ぬるぬるして肌はきれいになりそうなのですが、髪の毛がキシキシするのでびっくりしました。

それ以外はごはんもおいしく、体調も崩すことなくだいたい問題なかったです。

 

往路と復路ともにボヘミアン・ラプソディーを見て、サントラを買いました。

グリーン・ブックとアリー スター誕生、万引き家族も見ました。どれもよかったです。 あとは「パリで飯を食う」という本がおもしろかったです。

 

本日は休みでマッサージに行ったり回る寿司を食べたり家事をやったりとのんびり過ごしました。

マッサージでバキバキにされている間に新元号が発表されていました。

TOEICの点数が出て予想よりもずっと高い点数だったため、まぐれでは?という気持ちが強いですが、平日に眠くて死にそうになりつつも勉強を続けてよかったと思いました。

もう少し点数がほしいので、もう少しがんばります。そのあとは会話の勉強に力を入れていきたいです。

 

タイトルはQUEENの曲からとりました。

長く寝て大量に食べる

体調が思わしくない一週間を過ごしており、体力を回復させるためという名目で昨日はほぼ終日寝ておりました。

 

十二分に寝た反動で今日はやや活動しました。

奇跡的に午前9時台から活動できたため、安住紳一郎の日曜天国をスタートから聞いたわけですが、オープニングトークが「天気予報では午後に局地的な雨となっているが、今はよく晴れているので本当に雨が降るのかしら」的なことのみで全然しゃべらず、やや残念でした。調子が良いと15分くらいフリートークかますのですが、わたしが聞くときはあまり当たりません。

結局、雨は降りませんでした。

 

体力をつけるという名目で卵2個とベーコンを焼き、さらにパスタもゆでてキユーピーの出来合いのソースをかけてわしわし食べました。

家事を多少やったあとでさすがに家から出なければと思い外出しました。

 

ずっと面倒がって行っていなかったメガネの調整に行ったところ、具体的にここをこうしてほしいといったことを言う前に、かけた状態をチェックした店員さんがメガネをもっていって、すぐにちゃんと調整したものを持ってきたので神かと思いました。

こんなにあっさりと終わるのであればもっと早く持ってくればよかったなと思いました。

家からやや遠いドラッグストアにお目当てのクリームを買いに行ったのですが、1本がだいぶ長持ちするため、前回いつ買ったかも忘れており、しかも店も間違っていたようでクリームはありませんでした。愕然としつつアマゾンで購入することにしました。

 

そのあとは毎週日曜日に襲われるモスバーガーを食べたいという衝動のままにモスバーガーを食べましたが、喫煙室近くの席であったためにたばこ臭くなってしまいました。

食料や日用品の買い出しをして帰宅し、クッキーを食べつつ休憩をしました。

 

最近、お菓子を買って食べる習慣ができつつあり、だからといってめっちゃ体重が増えたということもないので、なぜあんなに節制していたのだろうかと思っています。

お菓子はおいしいですが、また何かの拍子にアンチお菓子に鞍替えするかもしれません。

 

お菓子休憩のあとで調理を行いました。

やや長めの出張を控えているため、冷蔵庫に生鮮食品が残らないように気を付けていいるのですが、明らかにシチューにほうれん草を入れすぎました。ほうれん草入りのシチューではなく、ほうれん草とシチューでした。おいしいのでよしとします。